• ホーム HOME
  • ニュース NEWS
  • コンセプト CONCEPT
  • ワークス WORKS
  • リファイニング建築[ 再生建築 ] REFINING ARCHITECTURE
  • 新築 ARCHITECTURE
  • プロフィール PROFILE
  • お問い合わせ CONTACT
Date:
2015.07.22 Wednesday
Title:
7月21日(火)に「竹本様邸リファイニング工事」の解体見学会を開催いたしました。
Category:
見学会|Inspection
7月21日(火)に、東京都多摩市一ノ宮にて工事中の「竹本様邸リファイニング工事」
(設計・監理:青木茂建築工房)の解体現場見学会を開催いたしました。

150721takemototei01.jpg
まずはじめに、参加者の皆さまに1階のピロティ部分にお集まりいただき、担当および施工者
の日本建設さまより本計画と見学会について説明を行いました。

150721takemototei03.jpg
敷地が狭いこともあり、ご説明のあとは自由に見学していただきました。

150721takemototei_04.jpg
吹抜け部分から下階を見下ろした様子です。

150721takemototei_05.jpg
吹抜けを横から見た様子です。安全に留意してご見学いただきました。

150721takemototei_06.jpg
屋上を内部から見た様子です。


大変暑い中、午前の部、午後の部あわせて95名の方にご参加いただきました。
ご参加いただいた皆さまおよび関係者の皆さま、誠にありがとうございました。


 以下、計画概要

 本計画は、①昭和44年に新築、その後②昭和50年に増築された築45年の診療所併用
 住宅を2世帯住宅へ用途変更を行い、耐震補強を行うリファイニング計画です。当建物は
 老朽化も進行していることから、オーナーは、建替も含めて検討した結果、既存不適格部
 分を維持ができ、コスト削減、環境負荷低減につながり、バリアフリー化も可能となるリ
 ファイニング建築の手法を選択されました。計画内容としては、1階ピロティを室内化、
 2、3階バルコニーの新設、内装外装の一新、床段差解消・エレベータ新設によるバリア
 フリー化、現行法令へ適合させるための各種工事等を行います。耐震補強計画で今回の大
 きな特徴は既存建物2棟の一体化です。その他柱の新設、既存梁の鉄骨補強、袖壁補強に
 より耐震指標Is値を0.6以上を確保します。行政対応としては本建物は検査済証が存在せず、
 建設時以降に施行された昭和50年の第二種高度地区指定による高度斜線制限、昭和52
 年の日影規制について既存不適格となっておりましたので、平成26年7月に施行された
 ガイドラインに従い建築基準法適合状況報告書12条5項報告書、許可申請書、建築確認
 申請を行いました。
 建物全体にて10月末日に検査済証を取得予定です。


 以下、物件概要

 所在地 東京都多摩市一ノ宮3-7-5
 用 途 一戸建ての住宅
 設計者 株式会社青木茂建築工房(建築)
     有限会社金箱構造設計事務所(構造)
 施工者 日本建設株式会社
 竣 工 2015年10月(予定) 
 構 造 RC造
 階 数 地上4階建
 面 積 延床303.34m2

 以上