• 分類| 再生建築・改修・耐震
物件名|Titles:
ヴァロータ氷川台
  • 竣工年月日|Years:2020年9月
  • 設計工期|Years:2019年12月〜2020年9月
  • 延べ床面積|Scale:1143.99㎡
  • 用途| Category:集合住宅|Apartment
  • 構造規模|Scale:

    鉄筋コンクリート造 地上4階

  • 所在地|Place:東京都練馬区氷川台3丁目

築45年の既存建物の耐震性能を確保しながら、内外装・設備を一新し、今までにない大規模な一体増築・大規模模様替えを行なった。また、確認申請を行い、検査済証を再取得し、長期融資を取得しながら、建物の長寿命化を図っている。
日影規制が既存不適格であったため、屋上の階段室塔屋を解体し、現行法に適合させることで、増築を可能にしながら建物を再生させる取り組みである。敷地南側の道路沿いにあった既存エントランスを建物の北側に移動させ、敷地南側の通過動線をなくし、建物前面に余白空間をつくり出した。その空間を各住戸の専有庭とすることで、近隣住民との関わり合いのきっかけづくりの場として活用できるようにした。また、3階屋上の未利用スペースを専有庭化したり、既存建物の南側バルコニーの一部を屋内化し、リモートワークスペースとしても活用できる選択的な空間とすることで、個の集合体として構成される現代家族という小社会の心的距離間を調整する場となるように計画した。袖壁及び小庇で構成される南側外壁は、緩和規定という法の余白に基づいて割付を決定しており、合理的なファサードとなっている。このように、建物内外に余白空間をつく出し、時代の変化に柔軟に対応できるようにすることで、建物が長く使用され続け、建物の長寿命化につながると考えている。