• ホーム HOME
  • ニュース NEWS
  • コンセプト CONCEPT
  • ワークス WORKS
  • リファイニング建築[ 再生建築 ] REFINING ARCHITECTURE
  • 新築 ARCHITECTURE
  • プロフィール PROFILE
  • お問い合わせ CONTACT
物件名|Titles:
医療法人髙野胃腸科
Takano G・E Hospital
  • 竣工年月日|Years:2014年2月
  • 延べ床面積|Scale:999.09㎡
  • 用途| Category:リファイニング建築[ 再生建築 ]|REFINING ARCHITECTURE
  • 構造規模|Scale:

    RC造一部S造 地上3階

  • 所在地|Place:福岡県福岡市東区筥松2-24-11

築36年のRC造3階建て、有床診療所のリファイニングプロジェクトである。地域に根ざした診療所であることから、この建物で休むことなく診察を続けたいとう院長先生の意向により、建物内部で数回引っ越しを行い、使いながらの工事を行った。また、旧耐震建物である本建物の耐震改修を行い、新耐震基準に適合させた。その他、長年にわたり使用し続けてきた設備の改修、間取りの一新、EVの増築によるバリアフリー化、確認申請の提出により検査済証の取得を計画した。リファイニングによる地域医療施設のありかたを提案したプロジェクトである。
______________________________________________________

This is "refining" project of hospital (19 beds) over 36 years old RC building of three floors. The chief of hospital wanted to keep open the hospital even under the construction because the hospital is really community-based. Therefore, we planed moving of the functions only inside the building and constructed the "refining" being used as the hospital. In addition, we conducted reinforcement to the building to satisfy current seismic criterion. Also, we are going to take the inspection certificate by refreshment of the long-used services, change the room layouts and impediment removal by the extension of new elevator. We propose one of the way how community hospital to be by using "Refining".