• ニュース NEWS
  • コンセプト CONCEPT
  • ワークス WORKS
    • リファイニング建築[ 再生建築 ] REFINING ARCHITECTURE
    • 新築 ARCHITECTURE
  • サービス内容 SERVICE
  • 書籍・レクチャー BOOKS・LECTURE
  • 会社概要 ABOUT US
  • お問い合わせ CONTACT
  • 分類| 再生建築・改修・耐震
物件名|Titles:
佐賀地方・家庭裁判所
Saga District Court / Family Relations Court
  • 竣工年月日|Years:2013年7月
  • 設計工期|Years:21年度:2010年2月〜2012年3月 22年度:2011年11月〜2013年3月
  • 延べ床面積|Scale:(地裁棟)4,141㎡(家裁棟)1,904㎡
  • 用途| Category:リファイニング建築[ 再生建築 ]|REFINING ARCHITECTURE
  • 構造規模|Scale:

    RC造 地上3階

  • 所在地|Place:佐賀県佐賀市中の小路3-22

国土交通省から委託された初の仕事である。裁判所という性格上、「居ながら施工」、またGIS値1.0以上が要求されたため、さままざまな補強案を考えた。その中のアイディアのひとつが、2棟の建物を耐震ブレースでつなぎ相互に耐震性を向上させることであった。常時使用されているので内部補強は難しく、外部補強となるため、なるべくスマートな補強材により、補強をデザイン化することを考えた。
______________________________________________________

This is our first work offered by Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. As a courthouse, the construction had to be done without disturbing the normal duties; also judgement index of the earthquake resistance criterion requires higher than 1.0 of GIS value. Among the various aseismic reinforcing schemes we studied was tying two buildings with earthquake resistant bracing. Because the building was always in use, the internal reinforcement was difficult: We adopted the outside reinforcement considering design characteristics with more sophisticated reinforcing components.