• ニュース NEWS
  • コンセプト CONCEPT
  • ワークス WORKS
    • リファイニング建築[ 再生建築 ] REFINING ARCHITECTURE
    • 新築 ARCHITECTURE
  • サービス内容 SERVICE
  • 書籍・レクチャー BOOKS・LECTURE
  • 会社概要 ABOUT US
  • お問い合わせ CONTACT
  • 分類| 再生建築・改修・耐震
物件名|Titles:
コーシャハイム千歳烏山住棟
  • 竣工年月日|Years:2014年1月
  • 設計工期|Years:2011年6月〜2014年3月
  • 延べ床面積|Scale:1,208.82㎡
  • 用途| Category:リファイニング建築[ 再生建築 ]|REFINING ARCHITECTURE
  • 構造規模|Scale:

    WRC造一部S造 地上4階

  • 所在地|Place:東京都世田谷区

2010年、首都大学東京と東京都による都市課題解決のための共同研究・リーディングプロジェクトがスタートを切った。これは単に東京だけの問題ではなく、日本が抱える成熟都市の環境、少子化、など都市が抱える問題をどう解決するかという研究プロジェクトである。我々の担当は膨大にふくれあがった建築ストックの問題の解決である。今日まで巨額の資金をつぎ込んできた優良な建築ストックを再生活用するための研究である。そのような中、東京都住宅供給公社(JKK東京)と共同研究の連結協定を締結し、JKK東京が所有する「烏山8号棟」を実際に再生するプロジェクトがスタートした。JKK東京からは2011年、2012年と2年間にわたり2名の客員研究員を招き、大学において基礎調査から基本設計、実施設計の監修にあたった。また、この間、首都大学東京では塾生を募集し、社会人の教育も試み技術の普及も試みた。2013年度には実際に工事がスタートし、1年を経過してこのプロジェクトは完成した。このことは、単にJKK東京にとどまらず、日本全国にある団地や公共集合住宅の再生に向けた大きな第一歩を踏み出したのではないかと考えている。

※このプロジェクトは、首都大学東京と東京都による都市課題解決のための共同研究・リーディングプロジェクトとして実施され、青木が監修を務めました。
烏山住宅リファイニングプロジェクト 竣工写真/首都大学東京リーディングプロジェクト

______________________________________________________
In 2010, Tokyo Metropolitan University and Tokyo Metropolitan Government has embarked on new collaborative and leading project to solve the critical issues of the city.The project aims to think how to solve not only Tokyo's issue but also issues that every mature city in Japan has such as environmental problem and declining birthrate. Our mission at this leading project is solving the issue of building stock. In shortly, we study how to reuse the worthy building stock that the government has been pouring a large amount of fund. When we in that situation, we had concluded a partnership agreement with Tokyo Metropolitan Housing Supply Corporation (JKK Tokyo) and then we started to revive one of JKK Tokyo's possession Karasuyama housing complex building No.8 for real. For reviving that housing complex building, we invited two researchers in 2 yearlong from 2011 to 2012 and conducted together its basic research, design development and execution design in our university. At the same time, the university gathered some descendants from the society to cultivate people and spread the technology to revive a building. 
The reviving project completed one year later its construction started in 2013. This fruit of our reviving project will be the first step of the building revival not only for JKK Tokyo but also the revival of housing complexes and public housings in everywhere Japan. With hoping the readers will visit Karasuyama housing complex building No.8 and I really appreciate for everyone who involved in this project.